近年リゾート開発も進み、欧米からの観光客に注目されているケニア。言わずと知れた観光名所、サバンナもあります。

同国の政府観光局は国民全員を観光大使にして、より多くの観光客を楽しませたいという考えのもと、ユニークなプロジェクトを始めました。それが「Culture Captcha」です。

これにはインターネットを使っているユーザーが人間かロボットかを見分けるCAPTCHA機能が利用されます。あのグニャグニャになっている文字を入力しなければいけないやつですね。

通常ならランダムの文字や数字が表示されるわけですが、ケニアでインターネットを使う場合は観光地を紹介する短い動画が再生され、それに映っている地名などを入力すると認証完了という仕組みに。

ただし「Culture Captcha」はクイズ形式ではないので、答えとなる名前は初めから表記されているとのこと。あくまでも自然に勉強してもらうのが狙いのようです。

日本でもこんな地道なプロジェクトが必要かもしれませんね。国内の観光地で知らないところも多いですし。

© Culture Captcha / Vimeo
Top image: © Ivan Mateev/Shutterstock.com