ビールでダイエット!?太りにくくする飲み方・食べ方のコツとは?

写真拡大

 夏はビールを楽しみ過ぎて、いつも体重増加に悩まされる……そんな人は、飲み方・食べ方を工夫したいものです。

 ダイエット中の人ほど、「糖質オフ」「糖質ゼロ」の商品につい手が伸びしてしまいがち。それが落とし穴となり、「糖質が少ないし、少しくらいたくさん飲んでも大丈夫」と、制限が緩くなってしまうことも…。糖質の摂取を控えたことでアルコール摂取量が増えれば、糖質の摂り過ぎを防ぐことはできても、肝臓をはじめ内臓に負担がかかり、健康リスクや代謝の低下を招きます。ですから、ビールが好きな人ほど、少しの量で満足できるものを飲むことが大切なのです。糖質カット製品だとセーブできない場合は、値段が高めのビールを選んで、ゆっくり楽しむとよいでしょう。

 おつまみのチョイスは、ビールには糖質が含まれているため、ご飯や麺類を合わせると糖質過多に陥りやすくなります。そうならないためにも、枝豆や卵焼き、焼き魚など、「たんぱく質」が豊富でシンプルな味付けの料理がオススメ。揚げ物や酢豚など、調理過程や味付けで、脂質や糖質をたっぷり入れるものはなるべく控えましょう。また、歯ごたえがあってゆっくり食べることができる、イカや貝類などもいいですよ。

 ダイエット成功のコツのひとつは、ストレスフリー。飲酒やたばこなど、毎日の習慣を断つことで、驚くほどの体重増加を経験することがあります。自分が「欲しい!」と思っているものを我慢することは、とてもストレスのかかることですよね。例えば、甘いものが大好きな人に「絶対に食べてはダメ!」と禁止する場合と、「いつでも好きなだけ食べていい。でも、今の時間は太りやすいからやめよう」と伝える場合とでは、後者の方がずっと我慢しやすくなります。このように、心を押さえつけ過ぎない方法で、楽しんで続けることが成功のコツといえるでしょう。

 大好きなビールは、一気に飲むより“大切に楽しむ”のが一番! 量より質の飲み方で、ダイエットを諦めずにビールを楽しみましょう。

(美容・健康ライター Nao Kiyota)