東京外国為替市場の円相場が一時113円代前半に 半年ぶり安値水準

ざっくり言うと

  • 18日の東京外国為替市場の円相場は、約半年ぶりに1ドル=113円台前半に下落
  • FRB議長が考えを示したことを受け、円を売ってドルを買う動きが強まった
  • 午前11時ごろには、112円94〜94銭と前日比60銭の円安・ドル高になった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x