“超サイヤ人”長友がドラゴンボールとコラボ決定!! 自身のキャラは「クリリンですかね(笑)」

写真拡大

 バンダイナムコは18日、スマートフォン向けブラウザゲーム『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』の公式サポーターに日本代表DF長友佑都が就任すると発表した。“孫悟空”スタイルでロシアW杯に臨んだ長友だが、本物のコラボレーションが実現したようだ。

 企画のオファーがあったのはロシアW杯後のこと。「物心ついたときからずっと見ていた」という長友は「小さい頃から大好きだったドラゴンボールにこんな形で参加できるなんて予想もしていなかった。チームのためにやったことでしたが、慣れない金髪にしといてよかったです(笑)」と喜びを表現した。

 W杯という大舞台にスーパーサイヤ人風のヘアスタイルで登場し、キックオフ直前には孫悟空の必殺技である『元気玉』のアクションも見せていた長友。だが、自身をドラゴンボールのキャラクターに例えると「悟空!と言いたいところですが、クリリンですかね(笑)」とジョークが飛び出した。

 好きなシーンはフリーザ戦で悟空が「クリリンのことかーっ!!!!!」と激高するシーンだといい、「体は大きくはないですけど、修業の量なら負けないんで! 地球人代表として、これからも世界中の強えヤツらと戦っていきますよ」と本家さながらの気持ちの強さを見せている。

 ゲームの魅力は「戦略性」と評した長友。「PK戦の時みたいな緊張感がある」と述べ、「クリリンがやられたあとに悟空だすと、超サイヤ人になったり、ギニュー特戦隊を先に出しとくとギニューがめっちゃ強くなったり、原作思い出してにやにやしながらプレイしちゃってます」と原作ファンの目線ものぞかせた。

 同ゲームは今月25日にサービス開始。デッキから引いたキャラクターを選択し、相手の戦略を読みながら駆け引きするシステムとなっている。このキャンペーンを記念して、正式リリースまでの間にゲームにアクセスすると、10連ガシャチケットがプレゼントされるという。