エムバペは持ち前のスピードを活かしたカウンターからチャンスを作り出し、自らも1ゴールを奪った。(C) Getty Images

写真拡大

 ロシア・ワールドカップの決勝戦は7月15日、モスクワのルジニキで行なわれ、フランスが4対2でクロアチアに勝利し、2度目の世界制覇を果たした。

 立ち上がりは、クロアチアが出足の良い守備を見せて押し込むが、先制したのはフランスだった。18分、クロアチアの攻勢を凌いだフランスは、セットプレーに活路を見出す。敵陣左サイドでFKを得ると、キッカーのグリエーズマンが蹴ったボールは、マンジュキッチの頭をかすめ、そのままゴールに吸い込まれる。フランスがオウンゴールで先制した。

 しかし、試合はここから一進一退の攻防を見せる。28分、クロアチアはFKの流れから、こぼれ球を収めたペリシッチが右足でボールをコントロールすると、向かってくるカンテをかわして左足を一閃。強烈なシュートをフランスゴールに突き刺す。クロアチアが同点に追いつく。

 すると今度はフランスが反撃。36分、右CKからマテュイディが頭で合わせたシュートが、VARによりペリシッチの手に当たったと判定されPKを獲得する。これをグリエーズマンが落ち着いてGKの逆を突いて決め、再びフランスがリードする。

 前半は、このままフランスが2対1とリードして終了した。

 後半はともにメンバーを交代せずにスタート。前半同様、立ち上がりから積極的に仕掛けるクロアチアは、レビッチが際どいシュートを放てば、フランスもエムバペのスピードを活かしたカウンターで決定機を作り出す。

 そして、ゲームの行方を左右する次の1点を奪ったのはフランス。59分、右サイドを駆け上がったエムバペにパスが通ると、折り返しのボールを受けたポグバが右足のシュート。これは相手DFに阻まれたものの、こぼれたボールを左足で狙い澄まして決めきった。フランスがリードを2点差に広げる。
 
 勢いに乗ったフランスは65分、エムバペが敵陣中央から右足でミドルシュートを突き刺し、さらに4点目をゲット。フランスのリードはついに3点差に広がった。

 フランスが効率よく加点していくなかで、クロアチアも69分、相手の一瞬のスキを突いて反撃。フランスのGKへのバックパスを懸命に追ったマンジュキッチが、守護神ロリスの切り返しをブロックしてそのままゴールに押し込んだ。

 クロアチアは2点差に迫った直後、創造性の高いアタッカーのクラマリッチを投入してさらなる反撃に打って出る。

 しかし、フランスはヴァランヌ、ウンティティを中心にゴール前に堅い砦を築き上げると、クロアチアの攻撃を凌いでは、エムバペのカウンターで効率よく押し返していく。

 結局、試合はこのまま4対2でタイムアップ。フランスが20年ぶり2度目の世界制覇を達成した。

【データで見る】フランス×クロアチア|詳細マッチスタッツ