第2次世界大戦の退役軍人 8歳男児の身元情報を盗み行方くらます

ざっくり言うと

  • 第2次世界大戦で名誉戦傷章を授与され、家族と暮らしていた退役軍人の男性
  • 1964年に行方をくらまし、何年も前に死亡した8歳男児の身元情報を盗んだ
  • 2002年に自殺しており、経緯や動機は謎で事件は迷宮入りとなっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x