「アイスマン」のミイラを分析 非常にバランスの取れた最後の食事

ざっくり言うと

  • アルプス山脈の氷河で発見された「アイスマン」として知られる男性のミイラ
  • 14日までに、最後の食事は非常にバランスが取れたものだったことが判明した
  • 野生の動物の肉、穀物や毒性のシダ類が含まれる形跡もあったとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x