自民党の世襲制限案「逆差別」との批判で骨抜き状態に

ざっくり言うと

  • 自民党の党改革で焦点だった所属国会議員の世襲制限は、原案から後退した
  • 任期満了の2年前までの引退表明を義務づけた原案に「逆差別」と批判が噴出
  • けん制する声に配慮したため、実際の提言は骨抜き表現になったとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x