ロシアW杯最多走行距離を記録するモドリッチ 604分間プレーで63km

ざっくり言うと

  • ロシアW杯で最多走行距離を記録しているのは、クロアチア主将のモドリッチ
  • これまでの6試合で604分間プレーしており、走行距離は約63kmを誇っている
  • 63kmの距離は、おおよそ新宿駅から成田空港までの直線距離に相当するという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x