記録がなければ改ざんも隠蔽も必要ない 霞が関で「究極の忖度」が教訓に

ざっくり言うと

  • 文書の改ざんや隠蔽に揺れる中央官庁の現在についてキャリア官僚が話した
  • 機微に触れるものは記録せず頭の中にメモするよう上司から指示されたという
  • 余計な記録を残さないのが面倒を避ける最善の策であり「究極の忖度」だそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング