「売るべきではない」フランスの競売でギロチンが落札され物議

ざっくり言うと

  • フランスで11日、150年前のギロチンが競売にかけられ約105万円で落札された
  • 競売規制機関の広報担当者は「売るべきではない」と異議をとなえている
  • 拷問器具などの品に関しては「慎重に扱うべきだ」と意見している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x