『純平、考え直せ』 ©2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ

写真拡大

映画『純平、考え直せ』の特報が公開。あわせて主題歌をthe pillowsが手掛けることが発表された。

【動画と画像(11枚)を見る】

奥田英朗の同名小説を映画化した同作は、東京・歌舞伎町を舞台に、対立する組の幹部の暗殺を命じられたチンピラ・坂本純平と、OLの加奈が共に過ごす3日間を描いた作品。純平に暗殺の中止と逃亡を提案するも拒まれた加奈がSNSで相談したことでインターネット上に無責任な声援が飛び交い始め、やがて加奈の想いとネット住人との交流が純平の決意を揺るがしていく、というあらすじだ。純平役を野村周平、加奈役を柳ゆり菜が演じる。公開は9月22日。

公開された特報では、純平が組からの指令を受けるシーンや、純平と加奈が抱き合う場面、バイクを2人乗りする様子、血を流して傷を負った純平の姿、純平が銃を構える様子などが確認できる。

主題歌に起用されたのは、the pillowsの楽曲“眩しい闇のメロディー”。同曲は9月19日にリリースされるthe pillowsのニューアルバム『REBROADCAST』に収録される。