日本代表の長友佑都【写真:Getty Images】

写真拡大

【フランス 1-0 ベルギー ロシアワールドカップ準決勝】

 現地時間10日にロシアワールドカップ準決勝が行われ、ベルギー代表フランス代表と対戦し0-1の敗戦を喫した。ベルギーといえば、日本代表をベスト16で破った相手。初のベスト8進出を阻んだ相手だが、日本代表の長友佑都はベルギーの戦いぶりに感銘を受けている。

 決勝トーナメント1回戦で日本代表を3-2で下した後、準々決勝でもブラジル代表に2-1で勝利したベルギー。決勝進出を目指しフランス代表と対戦したが、惜しくも0-1で敗れた。残念ながら、初優勝の夢はここで途切れている。

 長友は自身のツイッターを通じて「負けたチームをここまで応援できるとは思わなかった。ベルギー代表から多大なるリスペクトを感じたからかな。ありがとうベルギー!」とコメント。さらに「試合後全然眠気こない。。皆さん寝不足で僕たちを応援してくれてたんやね。感謝します」と、日本代表を応援してくれたサポーターに対して感謝の気持ちも示している。

text by 編集部