拘置所の廊下に響く刑務官の靴音…死刑囚に訪れる「最後の日」東洋経済オンライン

拘置所の廊下に響く刑務官の靴音…死刑囚に訪れる「最後の日」

ざっくり言うと

  • 死刑囚は未決囚と同じく拘置所で過ごし、刑執行の事前予告は一切ないという
  • 起床後に刑務官の靴音が自分の独房前で止まれば、「最期の日」を意味する
  • その後は遺書を書いたり、死刑囚によっては僧侶などを呼ぶこともできるそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x