匿名ながら話題となった“その人”の夢のギャンブルは叶うことはなかったが、多くの人々を熱狂させた。 (C) Getty Images

写真拡大

 ロシア・ワールドカップの準々決勝で、フランスが勝ち上がり、ベルギーが王国ブラジルを撃破して、イングランドがスウェーデンを退けた時、“その人”は、熱狂していたに違いない。1ポンド(約150円)を投じて、14万505ポンド(約2100万円)を手に出来る可能性があったからだ。

 だが、続くロシア対クロアチアの63分に、その人の夢は儚く散った。落胆ぶりは、計り知れないものだっただろう。奇跡には、あと一歩届かなかった……。

 匿名ながら話題をさらったその人は、英ブックメーカー『Sky Bet』で、ある賭けに挑戦していた。勝敗予想ではない。得点者、それも得点の仕方まで予想するハイレベルなギャンブルだったが、4試合のうち3試合で、見事に的中させた。
 

 アントワーヌ・グリエーズマンとケビン・デ・ブルイネがペナルティーエリア外からのシュートでネットを揺らし、ハリー・マグワイアがヘッドで得点――そんな予想をピタリと当てられるなど、誰が想像できようか。『Sky Bet』の公式ツイッターも、「信じられないことになるかも」とツイートしていた。

 しかし、一獲千金は実現しなかった。最後の試合での予想は、「イバン・ペリシッチがペナルティーエリア外からのシュートで得点する」だったからだ。

 クロアチアはロシア戦で2得点を挙げ、PK戦の末にロシアを下し、ベスト4に駒を進めた。だが、得点を決めたのは、アンドレイ・クラマリッチとドマゴイ・ヴィーダ。先発出場したペリシッチは、63分にマルセロ・ブロゾビッチとの交代でベンチに下がってしまっていた。その瞬間、夢は夢のまま終わりを迎えたのである。

 W杯が続いている以上、夢はまだ終わらない。何かにベットするチャンスは残されている。ただ、また勝負をするにしても、この人物が、準決勝でイングランドと戦うペリシッチの“リベンジ”に期待するかどうかは分からない。