7月31日に火星が15年ぶりの大接近 視界良好なら都心でも観察可能

ざっくり言うと

  • 31日、火星が地球に5759万kmの距離にまで近づく
  • 2003年以来、15年ぶりの「大接近」となる
  • 明るく光るため、視界が良好ならば都心でも観察可能だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x