手術後の感染症で心内膜炎と腎臓壊死 2億円の賠償求め順天堂大を提訴

ざっくり言うと

  • 担当医師らが適切な治療を怠ったとして、68歳の男性が順天堂大学を提訴した
  • 手術後、感染症により心内膜炎を発症し、腎臓の一部が壊死したという
  • 感染が拡大したのは医師の責任だとし、約2億円の損害賠償を求めている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x