気象庁「見たことのない大きな値」台風がもたらした異例の水蒸気

ざっくり言うと

  • 3〜4日に接近した台風7号に伴い、大量の水蒸気が西日本にもたらされていた
  • 雨が多い鹿児島の7月平均値の1.5倍以上で、気象庁は見たことのない値と指摘
  • これが一連の豪雨の要因になった可能性が高いと分析されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x