W杯のジンクス 外国籍監督が優勝と縁のない「残酷な歴史」

ざっくり言うと

  • W杯には、外国籍指揮官が率いる国が優勝したことがないとのジンクスがある
  • 「残酷な歴史」と呼ばれるほどW杯優勝と縁がなく、決勝戦進出もわずか2回
  • ロシアW杯で4強に入った国の中で、ベルギーの監督が唯一の外国籍監督だ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x