山崎賢人、イケメンの悩みに答える!?初の医者役『グッド・ドクター』の第一話完成披露試写会&舞台挨拶レポート

7月8日(日)にユナイテッドシネマ アクアシティお台場で、7月12日(木)スタートのドラマ『グッド・ドクター』の第一話完成披露試写会&舞台挨拶が行われました。
『グッド・ドクター』は山崎賢人さんが初めて医師役で主演する注目のドラマ。

自閉症スペクトラム障がいで、コミュニケーション能力に難を抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年医師・新堂湊が、その役です。彼が小児外科医の世界に飛び込み、子供たちのために力を尽くし、自らも成長していく姿を描きます。


「小児外科医」が主人公ということから、今回の試写会は15歳以下限定という特別なイベントに。難しい医学用語が飛び交うドラマでありながらも、来場者の皆さん、物語に引き込まれていました。


続いての舞台挨拶では、いつものように大きな声援があがりながらも、それが幼い声や小さな手の拍手もあったため、登壇した山崎賢人さん、同僚医師役の上野樹里さん、敏腕医師役の藤木直人さんの3人は「ちょっと不思議な感じ」と逆に緊張気味になっていました。藤木さんは「本当に小児外科医になった気分」と和やかなムードに包まれた会場でした。

賢人さんは今回の役について「医学用語は想像どおり大変でしたけど、(賢人さん演じる)湊は“すべての子どもを大人にしたい”っていうすごくピュアでまっすぐな思いを持っているので、そこはちゃんとブレずにやっていこうと思ってます」とコメント。

その役作りにあたってはクランクインの前に2日間ほど、監督とプロデューサーとの3人でじっくり話し合って“湊”のキャラを作り上げていったそう。「そのおかげでクランクインの時にはスッと役に入れたかなと思います」と制作秘話も語ってくれました。


子どもと過ごす時間の多い現場に「(子役の子どもたちは)やっぱりめっちゃ可愛いですね。でも演技になるときちんと演じていて、自分も頑張ろうと思えてきます。にそれに子どもたちがいると、現場がすごく明るくなります」と微笑む賢人さん。まさに子どもたちに好かれそうな“優しい先生”の雰囲気です。

しかも藤木さんから意外な暴露が。「賢人さんは子役の子にすごく懐かれているんですよ。休憩の時もタイヤのついた遊具に子どもが乗って、賢人さんに“押して押して”と頼んで、それを賢人さんは全力で押してあげているんですよ。あの湾岸スタジオの長い廊下を!」すると、賢人さんは「あれは僕も押してもらってるんですよ。交代で10往復くらいするんです」と何でもないことのように答え、爽やかな笑顔を浮かべました。子どもに優しくて、一緒になって遊んであげるなんて素敵ですね♡


舞台挨拶後半は、会場の子どもたちからの質問コーナー。10歳の男の子が「友達のお母さんたちから“君、イケメンだね”って言われるのがイヤなんです」と仰天質問。

賢人さんの答えは「恥ずかしいんだね。でも、じゃあ(それだけ言われるなら)認めるしかないよ(笑)」とイケメンならではの前向きな回答。

藤木さんは「僕も小さい時、似たようなことがあって、どういうリアクションをしていいかわからなかった覚えがありますね」と共感。

上野さんは「きっとそのイケメンぶりはお母さん方を幸せにしているに違いないので、素直に“ありがとう”って言って、笑顔を見せればいいんじゃないかな」と、女性の心を代弁してくれました。

いくつか質問に答えたあとは、観客の皆さんと記念撮影。看板のどこに立っていいか迷う子に賢人さんが「こっちだよ」とさりげなく手で示してあげる微笑ましいシーンもありました。

これからの放送が楽しみになるような、そんな試写会&舞台挨拶でした。

(取材・文:後藤直子)

ドラマ『グッド・ドクター』はフジテレビ系 毎週木曜午後10時〜。(初回・7月12日は15分拡大版)
公式サイト
公式ツイッター @GoodDoctor