「7時間タオルを振り続けた」冠水地域の住民が語った水の怖さ

ざっくり言うと

  • 堤防が決壊して広範囲で浸水し、救出活動が続く岡山県倉敷市の真備町地区
  • 住民の1人は救助を求め、2階のベランダでタオルを7時間振り続けたという
  • 別の住人は浸水が引いた後の住宅の1階が「洗濯機状態だった」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x