彦根工vs石山

写真拡大

彦根工が猛攻を見せ、コールド勝ち 

 彦根工が前半の猛攻で試合を有利に進め、石山を相手にコールド勝ちを収めた。

 

 彦根工は1回裏に石山の先発・大友将人(1年)の立ち上がりを攻め二死一、三塁とすると5番の田中宏武(2年)が右前適時打を放ち、1点を先制する。続く2回裏は失策と二つの暴投で一死三塁とすると、9番の田邉寿希斗(2年)がレフトに犠飛を放ち追加点を挙げ、2点のリードを奪う。

 

 さらに3回裏には4番の吉岡壮一(3年)が左中間スタンドに突き刺さる本塁打を放ち、大友をノックアウト。石山は2番手に左腕の堀吉成(3年)をマウンドに送る。彦根工は変わった堀も攻め立て、4回裏には前の打席で本塁打を放った吉岡が適時打を放ち、1点を追加。4点リードをされたところで石山はエースナンバーの三浦大和(3年)にマウンドを託すことになったが、代わった三浦は制球に苦しみ、この回だけで3四死球。守備の乱れも続き、一気に5点を奪われた。

 

 4回を終えて0対8と一方的な展開になり、何とか一矢報いたい石山は5回表に一死から1番の三浦が二塁打で出塁すると、二死後から3番の井上開晴(2年)が中前適時打を放ち、1点を返す。

 

 三浦は彦根工に追加点を与えず、味方のさらなる反撃を待つが、彦根工エースの水野春真(3年)の球威あるボールの前になかなか連打を奪うことができない。

 

 石山の7点ビハインドで迎えた7回表。何とかコールド負けを避けたい石山は一死から三浦がこの試合3本目となる安打を放ち出塁するが、後続が続かず試合終了。8対1で彦根工が2回戦進出を決めた。彦根工は2回戦で滋賀学園と対戦する。

 

 彦根工は主砲の吉岡が3打数3安打1本塁打2打点の活躍。打線を牽引し、チームを11年ぶりの夏勝利に導いた。石山は三浦が3安打と気を吐いたが、チーム全体は4安打と抑え込まれた。

 

(文:馬場 遼)