ブラジル人サポーターが残したゴミを拾い集める日本人コンビ。海外メディアはしっかりその様子を目撃していた。(C)Getty Images

写真拡大

 日本代表は惜しくもラウンド・オブ16でベルギーに敗れ、大会を後にした。その試合後のスタンドでも、日本人サポーターは涙を拭いながらスタンド清掃に勤しんだ。世界各国のメディアとファンがこの行為を称え、代表チームがロッカールームを綺麗に片づけて去り、ロシア語の「スパシーボ」(ありがとう)のメッセージを添えたことも、大きな反響を呼んだ。
 
 今回、英紙『The Sun』が驚きをもって伝えたのが、準々決勝ブラジルvsベルギー戦での光景だ。なんとブラジル人サポーターが残したゴミを拾い集めていたのは、ごく少数とはいえ、日本人サポーターだったのだ。その画像を添えながら、同紙はこう説明している。
 
「彼らが愛する日本代表はもう大会から去ったというのに、その模範となるべき行動はいまだ繰り返されている。ブラジル人たちが涙に暮れて後にしたスタンドで、ひどく散らかったビールの空きカップをビニール袋がいっぱいになるまで拾って回ったのだ。なんて素晴らしい振る舞いだろうか」
 
 記事の読者投稿には「そんなことがあるの?」「どこまでも誠実な人びとだ」「ちょっと真似できない美徳だわ……」など、さまざまな反応が寄せられている。