知らない人の髪の毛を食べるの「屈辱だった」池松壮亮が苦労を語る

ざっくり言うと

  • 池松壮亮が7日、主演映画「君が君で君だ」の撮影での苦労話を明かした
  • 「全く関係ない人の人毛を食べさせられた」と苦笑い
  • 「足の臭いがするんですよ。屈辱でしたね」と振り返った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x