サリン事件、記者が感じた恐怖 目前にヘッドギアをつけた信者

ざっくり言うと

  • 1995年のサリン事件を取材した記者らが、当時の様子について語っている
  • 事件の3日後に、第6サティアンがあった上九一色村を訪れたというある記者
  • 数十メートル先にヘッドギアをつけた信者の姿を見て、恐怖を覚えたとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング