真逆の発想で内側に収納 車内や室内が濡れないための「逆さ傘」

ざっくり言うと

  • 水滴で濡れないように、傘の表面を内側に収納する「逆さ傘」を紹介している
  • 車に乗るときも最後まで傘をさしておけるため、濡れづらくなるという
  • 手がふさがっても腕に引っ掛けて使えるように、持ち手にも工夫がされている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x