シネクイント館内

写真拡大

渋谷にシネクイントが帰ってきた。

シネクイントはパルコが運営する映画館。1981年に東京・渋谷パルコ パート3内にオープンした多目的ホール「スペースパート3」を前身に、1999年から映画館として運営されていたが、2016年、渋谷パルコ建て替えの影響で一時閉館となった。

【写真入りで本文を読む】

再オープン日は7月6日。場所は渋谷LOFTや、西武渋谷店に隣接する渋谷三葉ビルの7階で、5月に閉館したシネパレスから引き継ぐ。本日7月5日に関係者向けの内覧会が行なわれたので、さっそく拝見してきた。支配人を務めるパルコの川嶋氏のお話を伺うこともできた。そのコメントを交えながら、新たなシネクイントを紹介していこう。

■看板は「シネパレス」から「シネクイント」へ
当たり前の話だが、外観の一番変化は看板である。そのほかにも、渋谷の街を行く通行人にアピールする、2画面のデジタルサイネージが取り付けられていた。

内装はシネパレスの落ち着いた雰囲気や良い部分を活かしたという。メタリックでクールな感触も加えられ、映画鑑賞を邪魔することのない空間になっていた。

■目玉は「渋谷唯一」のペアシート
スクリーンは162席の「スクリーン1」と、115席の「スクリーン2」の2つ。スピーカーはJBLを使用。目玉となるのは、「渋谷で唯一」を謳うペアシートだ。「スクリーン1」のうち、2階の11組22席がペアシートとなる。

ペアシートの導入理由について川嶋氏は、「映画館で映画を楽しむということは、ライブエンタテインメントの1つだと考えています。その感動を隣にいる人と共有することで、あとに残っていくものになるのでは」と語ってくれた。映画体験が一回性を帯びた特別なものになってほしい。ペアシートにはそんな願いが込められているのかもしれない。オープニングを記念し、ペアシートは期間限定で通常料金にて利用できる。

■クラフトビールやジェラートも。大人が楽しめる映画館に
館内ではソフトドリンクやポップコーンといった定番のメニューが楽しめるほか、クラフトビール、ジェラートも用意。コーヒーはカフェラテやカプチーノも。大人も楽しめる映画館を目指す。ちなみにクラフトビールは、ブルックリンラガーと東京ホワイトがオープン時には提供されるようだ。

■渋谷の街から映画を盛り上げる
アップリンクやユーロスペース、シネマヴェーラ、シアター・イメージフォーラム、Bunkamuraル・シネマなど、個性的な映画館が軒を連ねる渋谷。

支配人の川嶋氏は、「渋谷にある劇場はみなさん非常に強いカラーがありますが、シネクイントは以前から、そんなに特色のある館ではないんです」と控えめに語りつつ、「けれど私たちは、娯楽、エンターテイメントを提供するということを大事にしてずっとやってきました。引き続きこちらの場所でも、渋谷にエンターテイメントを届けていきたいと思っています。他の劇場さんたちと力を合わせて、渋谷をはじめ、映画文化全体を底上げしたい。渋谷には若い人たちがたくさんいるので、こういう映画を観てほしい、こういう映画もあるよ、と提案していくことにも挑戦していく」と語ってくれた。

さらに、「パルコはこれまでにアートやストリートカルチャー、ファッションなどに取り組んできました。(新しい場所でも)そういったテイストの作品を充実させていきたいと思っています」

■オープニングは『最強のふたり』監督による新作&エマ・ストーン主演の実話映画
7月6日から上映されるオープニング作品は『セラヴィ!』『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』の2本。『セラヴィ!』は、映画『最強のふたり』を手掛けたエリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュが共同監督を務めたフランス映画。ベテランのウェディングプランナーを主人公に、パリでの結婚式の1日をユーモアを交えて描いた作品だ。

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』は1973年にアメリカで実際に行なわれた、女子テニス世界チャンピオンのビリー・ジーン・キングと元男子チャンピオンのボビー・リッグスの戦いにまつわる実話をもとにした作品。エマ・ストーンとスティーヴ・カレルが共演している。

■記念のレイトショーでは、パルコが関わってきた名作10本を上映
オープニング企画として、これまでにパルコが配給などで関わってきた作品から10本を選び、レイトショーで上映する特集上映『シネクイント復活記念!パルコが関わってきた名作をもう1度スクリーンで!』を実施。上映作品にはエドガー・ライト監督の『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』をはじめ、『ハードコア』『ゴッホ〜最期の手紙〜』『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』『アフタースクール』『マンチェスター・バイ・ザ・シー』など10本がラインナップしている。

■今後のラインナップ
今後は『クレイジー・フォー・マウンテン』『スターリンの葬送狂騒曲』『オーシャンズ8』『寝ても覚めても』などを公開。またストリートアートムービーをセレクトするシリーズ企画『シネグラ』の第1弾では『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』『ワイルド・スタイル』『Downtown81』を上映する。