日本代表の主役の座を争ってきた香川(左)と本田(右)。 (C) Getty Images

写真拡大

 日本サッカー界のカリスマが、日本代表のライバルへ熱きメッセージだ。

 ベルギーとの死闘に敗れ、ロシア・ワールドカップからの撤退が決まった日本代表は、7月5日に帰国。大会前の下馬評を覆して決勝トーナメントに進出したこともあり、成田空港には1000人を越えるファンが歓声とともに出迎えた。そして、その中でより大きな声援を送られていたのが、本田圭佑だ。

 ロシアW杯では控え組に回ったが、セネガルとのグループリーグ第2戦では、途中出場ながら値千金の同点ゴールを決めて、それまで批判的だったファンから「本田さん。ごめんなさい」と謝られていた。

 そんな32歳のMFは、「4年後は見えない」と語り、今大会を最後に代表からの引退を仄めかしている。それだけに、あらゆることに想いを巡らせているのか、自身のツイッターで、歴戦を共にしてきた代表のチームメイトである香川真司へメッセージを送った。
 
 一部報道では、代表の中心役を巡っての対立関係が指摘され、不仲説まで持ち上げられた両者だが、香川とのツーショット写真とともにツイートを更新した本田は、「シンジ、メディアには関係悪化されるような書かれ方を沢山したけど」と前置きし、次のような言葉を綴った。

「俺はずっとお前を認めてたよ」

 日本代表のライバルへ寄せた貴重なメッセージを見たファンからは、「カッコいいわ」や「泣きそうになってきた」といった反響が相次いで寄せられている。