画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●キャストも原作者も、"夢がかなった"作品に

TVアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』第一話の先行上映会&キャストトークショーが6月30日、東京・TOHOシネマズ上野にて開催された。7月5日からの放送を控えた同作の第一話を映画館のスクリーンという大画面で観られるだけでなく、キャストから直接作品のセールスポイントなどを聞くことができる、貴重なイベントとなった。

▼キャストも唸る! 美麗な映像に注目

イベントは第一話の先行上映からスタート。動きまくるカッコいいOP映像に続き、バトルシーンにお色気シーンにといろいろな意味で迫力満点の本編、そして原作のイラストを担当している鶴崎貴大氏が描き下ろしたイラストが彩る美麗なEDと、TV放送前からこの上なく素敵な環境で作品を堪能することができた。

上映後には、キャスト登壇のトークショーを開催。この日登壇したのは、ディアヴロ役役の水中雅章、シェラ・L・グリーンウッド役役の芹澤優、レム・ガレウ役役の和氣あず未、シルヴィ役役の大久保瑠美、本作の担当編集・講談社の庄司智氏の5名だ。

主演を張る水中は、今の気持ちを「アフレコの1話から絵が綺麗だったんですけど、それを凌駕する迫力ある映像で、すごく驚きました! ディアヴロを演じられてよかったです!」と感激の様子。芹澤も「この画面で観たらさぞ大迫力だったのでは?」と、シェラの"体の一部"に触れつつ、「"いい意味で頭がからっぽ"な、深く考えすぎずに思ったこと・感じたことを行動に移せるまっすぐでピュアな女の子」とその魅力を紹介していた。

また、和氣は「レムはシェラと違って"ストーン"っていう感じの子なんですけど、レベルはシェラより高くて。冷静な子なんですけど、シェラと言い合いになるときはムキになっちゃうような子供っぽい部分も兼ね備えています」と紹介。

続く大久保は、1話には登場していなかったものの「サラマンダーの炎が綺麗で、魔法バトルも見どころです!」と観る側としての意見を披露。加えて「初イベントの子はイジりたくなる」と、「"ボイン"と"ストーン"、どっちが好き?」とこの日が初イベントで若干緊張の面持ちの水中へ質問。センターに誘われた水中は、「どちらかと言うと……ボインですね」と回答し、和氣と大久保がふたりでグチりあう……というコントを成立させていた。

庄司氏も「アニメ化にあたって期待していた、ヒロインの魅力もディアヴロの二面性というポイントも、200%超えて表現してくれている」と絶賛し、当日読み上げられた原作者・むらさきゆきや氏のコメントでも、「ここまで清々しいアニメ化は妄想の中にもありませんでした。すべての関係者の皆様と観てくださるすべての方々に感謝したいです」とまたも絶賛。水中も「夢という意味だと、僕もこの現場ですごくかなっていますので、感謝しかないです」と続けていた。

▼OP/EDテーマの裏側に迫る

さて、続いての話題はOPテーマ「DeCIDE」。こちらはSUMMONARS 2+として芹澤と和氣がメインパートを、コーラスパートを大久保に加え原由実(アリシア・クリステラ役)と加藤英美里(エデルガルト役)が担当。

まず主線側の代表として和氣が「すごくかっこいい曲なんですけど、レムで歌うとなると難しくて。終盤、シェラとレムで歌い方が違うところがあるんですが、そこはあえて『対比があっていいかも』ということで録り直さずに使っていただきました」とアピール。

続けてコーラス側からは大久保が、「『キャラクター感を大事にしてほしい』と言われて歌ったんですが、シルヴィは元気でかわいい感じなのでそこに寄せつつ、でも主線がかっこいいのでそれを聴きながら録っていましたね」とレコーディングを振り返っていた。

またEDテーマ「最悪な日でもあなたが好き。」は、芹澤の1stシングル表題曲。こちらは1コーラスを聴くことができたのはこの上映会が初だったのだが、芹澤の反響を求める「いかが、でしたでしょうか?」への拍手の大きさが好評ぶりを感じさせていた。また、この曲は芹澤にとって念願の初アニメタイアップ。先ほどの水中の発言になぞらえる形で「私もこの作品に夢を叶えさせていただきました」と感謝を述べる。楽曲にはシェラからディアヴロへの想いもうかがえるようなものとなっており、「みんなにいっぱい歌ってもらって、私にもみんなにも大事な曲になればと思っています」と語っていた。

●現場一丸となって取り組む本作に、乞うご期待

▼ディアヴロの二面性は、"別録り"なしで収録

また、アフレコ現場の裏話として、水中がディアヴロとしてのいわゆる"魔王ロープレ"と、モノローグでの"坂本拓真"の切り替えを分けずに一気に録っていることが明かされると、大久保から「すごく速くて素晴らしいなと思った」と、庄司氏からも「ふたりでという案もあったが、ひとりで素晴らしく演じてくれている」とベタ褒め。

それを耳にした水中は「今日はいい夢が見れそうです!」とまたも感激していた様子だった。また、お色気シーンが1話から飛び出した和氣は「"そういうシーン"の芝居が下手だと言われていたので、オンエアで届けるのは不安半分ワクワク半分なんですが、アフレコは必死で。汗かきながら精一杯やりました!」と語り、今後そういったシーンがあるかも? な芹澤も「"ザ"みたいなシーンがあるので……父と母がどういう反応するんだろう?」と冗談めかしながらもアピールしていた。

そして、本作の見所について「レムは閉じこもっちゃうところもあるんですけど、他のキャラとの関係性に注目して、もっとレムの魅力的な部分を感じていただければ(和氣)」「大事な話では監督がキャラクターの心情をていねいにお話してくださり、内面の消化とかストーリーもしっかり描かれていて……とても愛の深い作品になっています(芹澤)」などとそれぞれアピール。

また、この日は追加キャストも解禁。置鮎龍太郎(エミール役)、石田彰(キライ役)、大塚明夫(ガルフォード役)といずれも大物キャストに会場はざわめきに包まれた。彼らが今後メインキャラにどう絡んでいくのかも、ぜひ注目してもらいたい。

最後に改めて、放送を前にして「2話以降もシェラとかシルヴィのいろんなシーンが出てくるかもしれないですし、1話を観て興味を持たれた方は原作やコミックスも楽しんでいただけたら!(和氣)」、「現場もすごく和気あいあいとしていますし、しかも私の好きな人ばかりがキャスティングされていて(笑)、毎週の現場が幸せです。皆さんと、大事なひとつの作品を作り上げられたらいいなと思います(芹澤)」、「現場一丸となって、熱い想いで臨んでいる作品です。ぜひ応援してほしいと、心から思っています!(水中)」と、それぞれコメントを送り、先行上映会は幕を下ろした。カッコよくて、ちょっとセクシーな『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』。ふたつの魅力を持った本作を、ぜひTVでのオンエア後も、毎週楽しみにしていてほしい。