熊本県の民家で男性が出血性ショック死 事件の可能性も視野に捜査

ざっくり言うと

  • 熊本県の民家で2日、出血性ショックにより男性が死亡した
  • 男性は布団の上で倒れており、目立った外傷はないが、内出血があったそう
  • 警察は事件と事故の両面で調べており、関係者から詳しい事情を聴いている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x