アメリカの独立記念日で夜空を飾った花火 99%が外国製

ざっくり言うと

  • 米国内で販売される花火は99%近くが輸入品で、大半は中国製が占めている
  • 2017年の中国からの輸入量は全体の96%で、輸入額は約295億8000万円という
  • 4日の独立記念日を前に、国産品の花火を求めた人は苦労しただろうと筆者

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x