「大迫半端ないって」は廃れない?新しいタイプの新造語誕生か

ざっくり言うと

  • ロシアW杯の影響もあり、多方面で「大迫半端ないって」が使用されている
  • 使われ続ける「新語」であり、大きな影響を及ぼす「流行語」でもあると筆者
  • 言い換える応用性も高く、新しいタイプの「新造語」となったと述べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x