日本野球機構が阪神提出の意見書に回答「審判の判定はミス」

ざっくり言うと

  • 6月29日のヤクルト戦での判定をめぐり、阪神はNPBに意見書を提出していた
  • NPBは、セーフと判定された走者はアウトとするのが適切だったと回答
  • 協議もなされるべきだったとし、今後、審判団の中で共有してもらうとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x