高体連が隠蔽した「第2の悪質タックル」ハンドボール決勝でのラフプレー

ざっくり言うと

  • インターハイ大阪府予選のハンドボール男子決勝戦で、ラフプレーがあった
  • 試合前に選手同士がSNSで暴行を呼びかけていたことも後に分かったという
  • 大阪高体連は「お詫び」をHPにアップしたが、一日で消去してしまったそう

◆問題となっているハンドボール男子・大阪府予選の決勝戦

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x