「関ジャニ∞」の安田章大はおととい2日(2018年7月)に髄膜腫の手術を受けたと所属のジャニーズ事務所が発表した。髄膜腫とはどのような病気なのか。

医師の川上徳昭さんによると、脳を覆うくも膜にできる腫瘍で、脳が圧迫されるためさまざまな症状がでて、死ぬこともある。腫瘍が小さいうちは症状が出ないため、「発症に気付きにくいということです」(水卜麻美キャスター)

年間5000人ほどが発症し、女性に多く、男性の約3倍だ。「安田さんは回復に向かっているということですし、7月のツアーには参加されるということなので、無理はなさらずに、元気な姿を見せていただきたい」(近藤春菜キャスター)