先週から引き続き、山崎夕貴アナウンサーと若手芸人・おばたのお兄さんの結婚披露宴をやっていた。入籍だけで結婚式や披露宴はしないという2人のために番組で祝おうという、本来ならば優しさあふれる好企画のはずが、フジテレビがやるとどうも......。
披露宴には友人のスピーチが付き物だ。そこで語られるエピソードはたいてい微笑ましいものと相場が決まっている。が、今回は「山崎アナは料理も作らなければ、自分でカラダも洗わない」という久慈暁子アナに始まり、「とくダネ!」で共演する伊藤利尋アナも、「おばたお兄さんが弁当を持ってくる」などと、知りたくもない山崎アナのプライベート情報を次々と暴露していく。おばたのお兄さんが今田耕司を相手に、カラダの洗い方の実演までして。
山崎アナがバラエティー専任アナなら構わないが、「とくダネ!」では深刻なニュースを扱うこともある。なのに、こんなことをやられては、今後、どんなに真面目な顔でニュースを読んだとしても、夫にカラダを洗わせ、料理に弁当まで作らせる人、というのが頭をよぎり、ニュースが入ってこない。これってどうなのか。
この披露宴は来週もやるという。若手芸人と結婚したとはいえ、自分のところのアナウンサーの結婚披露宴を3週間に渡って放送しようという神経も凄い。この身内だけで盛り上がる感じは、よくも悪くもフジテレビだなあと。まだまだ懲りていないようだ。(2018年6月30日23時10分〜)

(白蘭)