ベルギー戦のキックオフ直前、『ドラゴンボール』で有名な元気玉を集めるこの仕草。長友の言動は大会を通してファンを楽しませ、そして奮い立たせた。(C)Getty Images

写真拡大

 ワールドカップ期間中、ときに熱く、ときにユーモアを込めてその想いをツイッター上で綴った長友佑都。昨夜のベルギー戦で2-3の惜敗を喫した直後は、
 
「ありがとう。
やりきった。
出し切った。
最高に楽しいW杯だった。
こんな下手くそを使ってくれた監督、仲間、いっぱいのエネルギーを送ってくれた皆さんに心から感謝します」
 
 と、元気玉ポーズの写真を掲載して喝采を浴びた。そして7月3日、帰国直前のタイミングで発したツイートも長友らしいユニークなものだ。
 
「いっぱい批判されたし、おっさんおっさん言われて、だいぶ胸縮こまったから、帰国時は張り裂けるくらい胸張って帰ります。
日本代表チームをどうか温かく迎えてください」
 
 ファンに異例のお願い(?)。投稿欄には当然、「当たり前じゃん!」「みんな成田で出迎えたい想いでいっぱいだよ!」「ありがとう長友さん、感動しました」など、前日のツイートに対する反響を凌ぐペースで、感謝のメッセージが寄せられている。
 
 サムライブルーの左サイドを駆け抜け、すべてを出し切った長友。ファンの期待に最大限のパワーで応えた男は、間違いなく快進撃の立役者のひとりだ。