日本代表のキャプテンを8年間務めてきた長谷部。今後は、どのようなキャリアを描いていくことになるのだろうか。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

写真拡大

[ロシアW杯決勝トーナメント1回戦]日本2-3ベルギー/7月2日/ロストフ・アレーナ
 
 日本代表を8年間に渡りキャプテンとして引っ張ってきた長谷部誠は、激戦のベルギー戦をどのように感じたのだろうか。
 
 今回と同じように16強に入り、惜しくもパラグアイにPK負けした8年前との違いを問われた長谷部は、次のように答えている。
「相手のレベルも違えば、(ベルギーは)かなり強かったですし、後半ラスト20分、25分くらいの大きい選手が入ってきてからの圧力のほうが、それまでのゲームよりも、全然自分たちにとっては嫌で。そういう部分では相手も違うし、自分たちがどういう風に戦うかという部分では、8年前はかなり、かなり守備的にやったんですが、ただ今日に関しては、自分たちは絶対に受け身にならずに守備でも、自分たちからアクションを起こしてやっていこうという話をしていた。まあ当たって砕けろじゃないですけど、勇気を持ってかなり行けた部分があったので、そういう意味でも8年前より手応えとか、戦えたという部分はあります」
 
 試合は、2点を先行しながらの逆転負け。逆転のゴールは後半アディショナルタイム、相手の高速カウンターをまともに食らって、被弾した。眼前に立ちはだかった「8強の壁」を、キャプテンはどのように捉えたのか。
「そこは本当に難しくて、(失点は)ひとつは小さなミスから始まっている。そのひとつのミスが他のミスも重なっての失点もあるし、逆に最後の失点なんかは、スイス戦もやられていて、かなりチームでも話していたなかで最後、あそこでやられている。試合運びの面では、全然試合巧者ではないと思う。自分たちは良いゲームをした、良いチャレンジをしただけに、より結果が欲しかったなと思います」
 
 キャプテンとして臨んだ3度目のワールドカップも幕を閉じた。ついに超えられなかった「8強の壁」は、次世代の課題として引き継がれることになる。