“ビーチシリーズ”で有名な写真家マッシモ・ヴィターリ日本初個展が青山で、超大判写真&撮影機材展示

写真拡大

ヨーロッパの海辺を捉えた“ビーチシリーズ”で知られる、世界的写真家マッシモ・ヴィターリ(Massimo Vitali)日本初の個展が、東京・青山スパイラルガーデンにて2018年7月10日(火)から16日(月・祝)まで開催される。入場は無料だ。

アメリカ・ニューヨークのグッゲンハイム美術館、フランス・パリのポンピドゥーセンター、スペイン・マドリードのソフィア王妃芸術センター、オランダ・アムステルダムのアムステルダム市立美術館など、世界の有名美術館に貯蔵され、注目を集める写真家マッシモ・ヴィターリ。

マッシモの名を一躍世界的に有名にしたのは、ビーチシリーズだ。ヨーロッパのビーチで過ごす人々を映し出した作品には、都会生活から離れ海辺に集まる人々の恍惚とした表情を捉えていた。また、アナログフィルムならではの温かく豊かな色彩も見るものの心をつかんでやまない。

ビーチの一瞬を捉えた一コマから、その後プール、ディスコ、スキーリゾートとあらゆるレジャー地へと撮影のシーンを広げていった、マッシモ。その作品群から伝わるのは、古典絵画の構図をカメラレンズで表現している、彼の技術力の高さと比類稀なセンスだ。

日本初の個展では、イタリア、フランス、ポルトガル、イビザのリゾートを舞台にした作品を初公開。超大判カメラの最高峰とされるディアドルフ11×14を巧みに操り、高台から撮影した写真のサイズは、高さ1.8m×横幅2.4mと圧巻の“ビッグ”サイズだ。

なお、会場には実際にマッシモが使用する撮影機材も設置。さらに希少な撮影裏話を語るトークショーも行われる予定だ。

【詳細】
マッシモ・ヴィターリ日本初の個展
会場:スパイラルガーデン Spiral1F
住所:東京都港区南青山5-6-23
期間:2018年7月10日(火)〜16日(月・祝)
入場料:無料
TEL:03-3498-1171
■マッシモ・ヴィターリ在廊
開催日:2018年7月10日16日(月・祝)


[写真付きで読む]“ビーチシリーズ”で有名な写真家マッシモ・ヴィターリ日本初個展が青山で、超大判写真&撮影機材展示

外部サイト

  • 東京国立近代美術館の「MOMATサマーフェス」、ナイトミュージアム&野外で楽しむガーデン・ビアバーも
  • 「小瀬村真美:幻画〜像の表皮」展が原美術館で、絵画のようなアニメーションなど30点
  • マルチメディアアーティスト「サビオ」日本初の個展が渋谷・ディーゼル アートギャラリーにて開催