©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

視聴者から寄せられた“面白かったこと”“驚いたこと”“感動したこと”など「二人のお耳に入れておきたいこと」に対して、マツコ・デラックスと有吉弘行が好き勝手にトークをしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』。

©テレビ朝日

7月4日(水)の放送では、マツコと有吉が外国人のアルバイト従業員に対して冷たい態度をとる人について議論する。

日本語を間違えたり、モタついたりすると露骨に嫌な顔をする人がいるという話に、ふたりは「何が気に入らないのかね」と首をかしげる。

ふたりはよく行くコンビニに、熱心に働く外国人がいると話し、とても親切にしてくれるのだと絶賛。

外国人に限らず、店員やタクシーの運転手さんなどにぞんざいな態度をとる人は許せないという話になり、いつもは我慢するマツコが、どうしても我慢できずに注意したときのエピソードを披露する。