昌子は何度も地面を叩きつけて悔しがった

写真拡大

[7.2 ロシアW杯決勝T1回戦 ベルギー3-2日本 ロストフ・ナ・ドヌ]

 日本代表の挑戦は16強で終わってしまった。

 FIFAランキング3位のベルギー代表を土俵際まで追い詰めた。しかし2点リードの後半24分、同29分と連続失点。同点とされると、同アディショナルタイム4分にカウンターから逆転弾を献上。あと一歩届かなかった。

 試合後のシーンは象徴的。MF乾貴士やGK川島永嗣の目には涙が溢れる。DF昌子源は試合終了のホイッスルが鳴ると大の字に。そして両手で地面を何度も叩きつけて悔しがっていた。


★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!

2018W杯ロシア大会特集ページ

★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!

2018W杯ロシア大会日程&TV放送