水の事故での注意点 溺れたときは浮いて助けを待って

ざっくり言うと

  • 夏に増える「水の事故」における注意点を紹介している
  • 消防や警察によると、「浮いたまま救助を待つことが大切」だという
  • ペットボトルがあれば首の下で持つことで、呼吸がしやすくなるそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x