厳選!2歳馬情報局(2018年版)
第6回:ソルドラード

 競馬界において、最高の栄誉と言えるのは”ダービー馬”になること。ゆえに、このGI日本ダービー(東京・芝2400m)を勝った馬の弟や妹となれば、ファンやメディアはその動向に大きな関心を寄せる。

 今年の2歳馬にも「ダービー馬の弟」として注目を集めている馬がいる。美浦トレセン(茨城県)の藤沢和雄厩舎に所属するソルドラード(牡2歳/父ロードカナロア)である。


昨年のダービーを制したレイデオロの半弟ソルドラード

 同馬のふたつ上の兄が、昨年のダービー馬であるレイデオロ(牡4歳/父キングカメハメハ)。デビューから3連勝でGIIホープフルS(中山・芝2000m)を制し、4戦目のGI皐月賞(中山・芝2000m)こそ5着に敗れたものの、続くダービーでは見事に栄冠を手にした。

 ダービーでは、スタート直後は後方の位置につけたが、スローペースと見るや、向こう正面で一気に2番手まで進出。そのまま直線を迎えて早めに先頭に立つと、後続の追撃を難なく振り切って圧巻の強さを見せた。

 ちなみに、ソルドラードのひとつ上の兄となるレイエンダ(牡3歳/父キングカメハメハ)も、才能の一端を見せている。昨年の7月にデビューし、持ったまま初陣を飾った。

 そしてその直後、骨折が判明して長期休養を余儀なくされたが、今年5月に復帰。およそ10カ月ぶりの競馬となったものの、上がり33秒6の豪脚を繰り出して快勝。2連勝を決めて、その素質の高さを改めて証明した。

 そんな兄たちと同様の活躍を見込まれているソルドラード。同馬の育成を担当したノーザンファーム空港牧場の大木誠司氏は、こんな評価を口にする。

「ソルドラードの持っている素質は、『かなりいいモノがある』と感じています。体は筋肉質で、幅がありますね。動きは、とにかく力強くて、パワーを感じます。牧場にいる馬の中でも、育成を順調に進められた1頭で、うまく乗り込めてきました」

 さらに興味が向くのは、兄たちとの比較。キングカメハメハを父に持つ兄たちとは異なり、ソルドラードの父は昨年産駒がデビューしたロードカナロアとなったからだ。

 ロードカナロアは初年度産駒から牝馬二冠を達成したアーモンドアイを出すなど、種牡馬としても能力が高いことはすでに証明されているが、父が代わったことによる違いはあるのか、その点についてはファンも気になるところだろう。

 そこを踏まえて、大木氏は兄との違いについてこう語った。

「体つきなどを見ていると、兄とは違うタイプかなと感じますね。性格面においても、レイデオロは力みながら走る一面がありましたが、ソルドラードは落ち着いていて、行きっぷりはいいけど、我慢ができるタイプです。距離適性については、(ソルドラードは)本質的にはマイラーではないでしょうか」

 父が代わったことで、兄たちとはタイプが違うのは明らかなようだ。それでも、そのことを悲観するようなコメントは一切出てこなかった。むしろ、プラスに働くことが多くなる可能性もある。 ソルドラードは順調なら、7月末から8月上旬の新潟開催でデビューする予定。真夏のさなか、競馬界が沸くような”熱いニュース”を発信することができるのか。初陣での走りに期待が膨らむ。

◆CBC賞は、この低迷馬3頭が「今年もそろそろ走るか」と言っている>>

◆ラジオNIKKEI賞はこの「恵ハンデ4頭」が楽々すぎてズルイっす>>