GoogleマップのiOS版アプリで、ナビゲーションのアイコンを人気アニメ「妖怪ウォッチ」のキャラクター「ジバニャン」に設定可能となっています。ゲームアプリ「妖怪ウォッチ ワールド」の公開を記念した、期間限定のコラボ企画です。

「妖怪ウォッチ ワールド」リリース記念のコラボ企画

GoogleマップのiOS版で経路探索して、移動手段に「自動車」を選んだあと、自車位置を示すアイコンをタップすると、アイコンとして「ジバニャン」が選択可能になっています。
 

 
これは、位置情報を使って現実の日本で妖怪を集めるゲームアプリ「妖怪ウォッチ ワールド」がリリースされたのを記念した企画です。
 


 
ジバニャンが地図の上を歩く様子が可愛らしいです。
 

公開直後にランキング1位を獲得

人気アニメ「妖怪ウォッチ」の世界を、「パズドラ」などで知られるガンホーが位置情報ゲーム化しただけあって、アプリは公開直後にApp StoreとGoogle Playの無料ダウンロードランキングで1位を獲得する人気を集めています。
 

 
1位獲得を記念したイベントや、ファミリーマートとのコラボイベントの開催も予定されています。
 


 

3月にはマリオが登場したGoogleマップ

Googleマップでは、マリオがナビゲーションのアイコンになるコラボ企画も、今年3月に世界各国で実施されています。
 

 
これは、「Mar.10」が「Mario」に似ていることから「マリオの日」になった3月10日の記念した任天堂とのコラボ企画として実現したものです。
 

 
 
Source:Twitter (1), (2)
Photo:Google
(hato)