30日午後9時ごろ、函館発羽田行き全日空558便ボーイング787が、エンジンに不具合があるとして緊急事態を宣言した。約15分後に羽田空港に着陸し、誘導路上で停止。けが人はいないとのこと。共同通信が報じた。

国土交通省などによると、乗員から左エンジンの排気温度が高いとの連絡があったという。

全日空機エンジン不具合か 誘導路で停止、けがなし(共同通信)