西野監督の大胆策は、ひとつは失敗し、ひとつは成功した。(C)Getty Images

写真拡大 (全2枚)

 ポーランドに0-1で敗れたものの、日本代表は目的とする決勝トーナメント進出を果たした。西野朗監督が行なった、ふたつの賭け。その結果は1勝1敗である。
 
 ひとつは、ターンオーバーだった。コロンビア戦とセネガル戦でスタメンを固定し、成熟度が高まっていた主力メンバーを一気に6人変えた。
 
 コンディショニングとしては、やむを得ない判断でもある。過密日程の3戦目は心身ともに回復が間に合わず、パフォーマンスが落ちることが科学的に、統計的に指摘されている。さらに試合が行なわれたヴォルゴグラードは、40度近い暑さだ。理想のサッカーができる環境ではない。少なくとも槙野智章は、セネガル戦の直後に西野監督から、ポーランド戦の起用を告げられていた。計画的なターンオーバーだったわけだ。
 
 付け加えるなら、対戦相手のポーランドは過去2戦の相手と比べて、ビルドアップでミスが出やすい。そこでセネガル戦で見事なパスワークを見せたスタメンを思い切って捨て、4-2-3-1から、カウンター重視の4-4-2へ移行。ターンオーバーと戦術変更を同時に遂行するシステムを配したことは、ロジックとして妥当だった。
 
 しかし、そのための人選はどうだったのか。
 
 ポーランド戦で岡崎慎司と武藤嘉紀を並べた2トップは、岡崎が所属するレスター・シティの風味があった。ロングボールに対し、武藤が一発で裏のスペースを突く。この飛び出しはジェイミー・ヴァーディを彷彿とさせ、DFが鈍足なポーランドを切り裂くのに最適な手段に思えた。
 
 ところが、似ていたのは、飛び出すところまで。ボールと出会ってからは、質の違いが現れてしまう。鋭利なターンでゴールを目指し、ダメなら味方を使う判断に切り替えるのも早いヴァーディとは違い、武藤はノッキングが多かった。結局、ボールを収めて戻すプレーばかり。もし、絶好調の浅野拓磨がいれば、もう少しスピードに加えて、器用さも見せられただろうか。
 
 宇佐美貴史もそうだ。MFとしては走行距離で明らかに平均を下回っているだけに、攻撃でクオリティを見せなければならない。リヤド・マフレズの位置付けだ。しかし、ガーナ戦やスイスを含めて、宇佐美は結果を残せていない。ポーランド戦でも、シュートがゴールに至る前にブロックされるシーンが散見された。
 
 もし、このポーランド戦がうまくハマっていたら? 新しく起用した選手が結果を残すことができていたら? その場合、日本は1位突破により1日多い休養と、モスクワで試合を行なう気温の恩恵。さらに戦術の幅、選手層の厚みなど、まさしく理想の展開を迎えるところだった。
 
 しかし、現実は甘くはなく、後半に失点を喫し、乾貴士の投入もあまり効果を挙げなかったため、西野監督はふたつ目の賭けに出る羽目になった。つまり、ゴールを目指すのをやめ、コロンビア頼みの試合戦略へと舵を切ったわけだ。
 
 ひとつ目の賭けがうまくいかなかったため、ふたつ目の賭けは、苦境を損切りするために行われた。
 
 皮肉なものだ。ロジック的には、むしろひとつめの賭けであるターンオーバーのほうが、理にかなっていた。しかし、それは結果として失敗し、ロジック的にどうかと思われるふたつめの賭け、つまりセネガルが得点してしまえば水泡に帰す可能性もある、まさしく大博打のほうが、結果的には成功したわけだ。
 
 人生は思い描いたようにはいかない。しかし、その苦境を脱出するため、西野監督は決断を下した。仮にこの決断で結果が出なかった場合、自らが二度と日本に戻って来られないレベルの大バッシングを受けるリスクを、一身に引き受けている。
 
 まさに、決死の損切り。西野監督の恐るべき胆力に、尊敬の念は止まない。
 
取材・文●清水英斗(サッカーライター)