銃撃を受けた米新聞社が事件翌日に悲劇を報じる 社説面は白紙

ざっくり言うと

  • 米国の地方紙キャピタル・ガゼットの編集室が銃撃され、5人が死亡した事件
  • 同紙は事件翌日の29日も発行にこぎ着け、1面で今回の悲劇について報じた
  • 一方で社説面は、犠牲者への哀悼の意を込めて白紙のままだった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x