フランス共和国憲法の条文に文法ミス 右派議員らが修正を求める

ざっくり言うと

  • フランス共和国憲法の条文にミスがあるとし、右派議員らが修正を求めている
  • 現行憲法の第16条の「脅かされた」という形容詞が問題になっている
  • 「menacees」と書くところを「menaces」という誤った語が使われているそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x