『検察側の罪人』ポスタービジュアル ©2018 TOHO/JStorm

写真拡大

映画『検察側の罪人』の新たな予告編とポスタービジュアルが公開された。

【予告編を見る】

予告編では、木村拓哉演じるエリート検事・最上毅に二宮和也演じる検事・沖野啓一郎が「全力を尽くします」と話す場面や、殺人事件の容疑者を怒鳴りつけ、激しい取り調べを行なう沖野の様子、最上が「何としてでも罰する」と決意を固める場面や目に涙を浮かべる姿、最上と沖野が激しく対立する様などが確認できる。また吉高由里子、松重豊、八嶋智人ら共演者の姿も映し出されている。

あわせて7月7日から全国の劇場で販売される前売券の特典が発表。木村拓哉演じる最上、二宮和也演じる沖野のビジュアルを表裏に配したクリアファイルが付属する。

8月24日から公開される同作は東京地検を舞台にした雫井脩介の同名小説が原作。エリート検事・最上毅と、最上を師と仰ぐ若き検事・沖野啓一郎が、ある殺人事件を巡ってすれ違い、やがて互いの正義を賭して対峙するというあらすじだ。監督は原田眞人。