0-1で敗れたとはいえば、随所に力強いディフェンスを見せた吉田。日本の2大会ぶりの16強進出に貢献した。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

写真拡大

[ロシアW杯グループH] 日本0-1ポーランド/6月28日/ヴォルゴグラード・アレーナ(ヴォルゴグラード)
 
 グループHの最終戦、1勝1分の日本はポーランドと対戦し、0-1のスコアで敗れてしまった。もっとも、最後はフェアプレーポイントでセネガルを抑え、無事に決勝トーナメント進出を果たしたとはいえ、今大会初の敗戦を受け、DFリーダーの吉田麻也は「まったく満足していない」と悔しがった。
 
 0-0で迎えた59分、課題のセットプレーから、ポーランドのCBヤン・ベドナレクの右足シュートをくらい、先制点を献上。結局、このゴールが決勝点となった。
 
 吉田にとってベドナレクは、所属するサウサンプトンのチームメイトである。「彼はけっこう練習から点を取る」らしく、だから周囲には「危ないよ、とは伝えていた」が、まんまとゴールを割られてしまった。
 
 ただ、吉田の心境は少々、複雑だ。
 
「この大会が終わって新シーズンが始まれば、彼とは仲間であり、ライバルなので。(ゴールは)友だちとしては嬉しいですし、敵としては悔しいっていう感情です」
 
 また、試合後には言葉を交わしたという。
 
「僕らも(決勝トーナメントに)上がるし、向こうも勝って、ヤンも点を取った。両方にとって良いねという話をして。僕にとってはあまり良くないですけど。まあ、おめでとうと言いましたし、向こうも、頑張れよって」
 
 ポーランドは1勝2敗の成績でグループリーグ敗退。吉田は“同僚”ベドナレクからの激励の言葉を胸に、日本初のベスト8進出という目標を見据えて、強敵ベルギーとのラウンド16に挑む。

【PHOTO】現地直送第2弾! ロシアW杯を彩る『半端ない』美女サポーターたち